羨望の首里に新ランドマーク「コンフォートプレミアム首里 平良町」誕生。

コンフォートプレミアム 首里平良町

098-875-3115 株式会社東豊 10:00〜18:00(水曜日定休)
お問い合わせ・資料請求
  1. TOP
  2. インタビュー

インタビュー

東豊コンフォートシリーズ「駅近マンション」第3弾!羨望の首里に建つ、新しいランドマークの誕生です。

「コンフォートプレミアム首里平良町」の魅力を教えていただけますか?
首里エリアでは初で、当社「駅近マンション」第3弾として誕生するのが「コンフォートプレミアム首里平良町」です。駅周辺は交通の要所としてばかりでなく、病院やスーパー、学習塾などの多様な利便施設が集まってどんどん便利になって行くので、県内でも「駅近マンション」へのニーズが高まってきています。
当地は、儀保駅まで徒歩約6分。バス停も徒歩約2分と公共交通機関を利用する学生やご高齢者にとっても便利ですが、幹線道路や沖縄自動車道のインターへのアクセスも良く、車で移動することの多い方にとっても非常に便利な場所です。
小学校区は人気の城北小学校で、もちろん徒歩圏内。また、首里だけでなく浦添エリアにも近いことから、買い物や生活に便利な施設が周辺にたくさんあり、首里の歴史の佇まいを感じながら、都心の利便性をも手に入れることのできる魅力的な立地となっています。
「首里に住まいを構える」というのはひとつの憧れです。
そうですよね。首里には何かしら気品や上質さが漂います。治安もとても良くて、コミュニティに守られている安心感があります。特に地元のみなさんには「首里を離れたくない」「住むなら絶対に首里で」という強い想いを感じますね。実家も近くにある、親戚もみんな首里に住んでいる、そしてこのまちが好きという方には、首里に自分の住まいが持てる、本当に理想的なマンションだと思います。
歴史の趣きや潤いを暮らしの中で感じられるのが首里の魅力ですね。
儀保駅周辺は、首里城から儀保に向けて、琉球王国時代に国王一行が移動に使った「宿道(しゅくみち)」が2本残っており、周囲にはいくつもの史跡や焼物の古窯跡などがあり、歴史の趣きを感じられる場所です。実はその影響でしょうか、首里のモノレール沿線は、那覇市より「首里歴史エリア」に指定されており、首里城からの眺望保全の目的で15m(4~5階建て)を超える建物の新築は今後、難しくなってきます。そういった意味でも、モノレール駅近くのマンションはとても希少価値が高いといえます。また、マンションが面している県道153号線は道路が広くなり、浦添へのアクセスが快適になりました。見晴らしの良い小高い丘の上に建つコンフォートプレミアム首里平良町には、ここに住まう歓びを感じる「華」があります。きっとこのエリアの新しいランドマークになることでしょう。

子育て世代からシニアまで幅広く喜んでいただける「未来可変型マンション」

「未来可変型マンション」はさらに進化しているそうですね。
「住み良いマンション」を追求し、これまでの当社のマンションづくりのノウハウを結集しました。全戸角部屋バスルームには窓があり、家族との団らんを考えた対面キッチンとなっています。Aタイプはご好評いただいている可変型オール洋間の3LDKの間取りで、経塚、牧志よりもさらに便利に使いやすく進化させました。
Bタイプは和室のある3LDKの間取り。主寝室と和室には出窓も設けられているので、想像以上に空間の広がりを感じさせる間取りとなっています。
ライフステージに合わせて、間取りが変えられるのは大きなメリットですね。
特におすすめしたいのは子育て世代ですね。お子さんが小さいときは2つの洋室を合せれば、広々12帖の寝室で親子一緒に。学校へ通うようになったら間仕切りで子ども部屋へと変身。将来、子育てが終わったら、リビング横の洋室の引き戸を開け放てば、約19帖のゆったりとしたリビングで夫婦だけの悠々自適な暮らしが楽しめます。リフォームなどで余分な費用が必要ないので、さまざまな世代の方に自由な発想で使っていただきたいですね。
小学校が近いのは子育て世代にはうれしいですよね。
城北小学校までは徒歩4分。公立中学や高校も近くにありますし、モノレールだけでなく、新都心や空港、琉球大学へもバス1本で行けるので便利で安心です。周辺道路の整備も進んでおり、首里から浦添、南風原、西原への移動もとにかくスムーズ。通学はもちろん、通勤や買い物、通院などの移動に交通手段の選択肢が多い、つまり生活自体がフレキシブルで未来可変型といえます。さらにうれしいニュースとして、モノレール延長工事もはじまりました。首里から石嶺駅、経塚駅、前田駅、浦西駅の4駅が新設され、2019年春の全線一斉開業をめざしており、沖縄の未来をいち早く感じられるエリアともいえます。

マンション選びのポイント、決め手はグループ企業の結束力。

マンションラッシュが続く沖縄。東豊の強みはどんなところでしょうか?
当社は親会社が建築会社で、マンションだけでなく、病院やビルの建築、土木工事なども行っており、マンション建築に活用できるさまざまなノウハウがいち早く集まってきます。ですので、その時点での最高のパフォーマンスを発揮できるマンションをご提案できるのがグループ企業の強みといえます。また、アフターメンテナンスにおいても、管理会社も当社のグループ企業ですので、連携がスムーズで管理コストも抑えられるというメリットもあります。グループの総合力が大きな安心感や信頼感につながり、高い評価をいただけている理由だと考えています。
プロのコーディネーターと相談しながらカラーセレクトができるのだとか。すごくいいですね。
ご成約いただくと、女性コーディネーターのアドバイスを受けながら、フローリングやキッチンなどはお好みのカラーをお選びいただけます。また、間取り変更などのご相談も可能です。奥さまにとっては同じ女性同士ですので、リラックスした雰囲気で相談が進められるので安心ですね。また、マンションの外観は落ち着きのある首里のまちに合うように、白とブラウンを基調とした上品な色づかいにしました。ガラスやタイルを使って都会的なエッセンスもアクセントにしています。
最後に、資産価値としての魅力はいかがですか?
これまでも首里エリアはマンション供給が少ないと感じていましたが、平成24年に新たに施行された「那覇市都市景観条例」の影響で首里城から見渡せるエリアでのマンション供給は、いま以上に難しくなることが予想されます。
このことから、首里での「駅近マンション」のプレミアム感は高まりはしても、その人気が衰えることはないでしょう。
また、首里の高台という立地の魅力だけではなく、可変間取りや充実の収納スペースなど、将来の家族の変化にも柔軟に対応する「コンフォートプレミアム首里平良町」のコンセプトは、こだわりの住まいを探しているお客様に、きっと満足していただけると確信しております。

上質なやすらぎが薫るまち、「首里平良町」。暮らしの豊かさと利便性が溶け合う“色あせない価値”を実感してほしい。

松原 武蔵
株式会社東豊
企画営業部 執行役員常務
本土系マンションデベロッパーにて、分譲マンションと戸建住宅の企画・販売を十数年間担当。現在、株式会社東豊にて土地購入からマンションの企画立案の責任者として活躍中。お客様のこだわりをカタチにする注文住宅の経験から、「女性目線の住まいづくり」「カッコイイより品が良い」をモットーに、お客様の声をマンション企画に取り入れている。